PREP法とホールパート法で書けば読まれる記事が出来上がる

 

ブログってどんなふうに記事を書けば良いのか?

迷っていませんか?

 

同じ書くなら、多くの人に読んでほしい・・・

ということは、誰が読んでも読みやすい記事を書く必要がありますね。

 

そこで、あなたのブログやサイトの記事はどういう文章構成で書いていますか?

もちろん、行き当たりばったりでコンテンツを作ってはいないと思いますが、訪問者にとって、読みやすい記事であったり、求めている情報がすぐに分かったり・・・

 

そして、何よりも、もっと深く知りたい情報が書いてあったりすると、有益なブログだと判断される・・・つまり、ファンになるユーザーが増えて、収益にもつながりますよね。

 

そこで、今回は、ブログで失敗しない2つの文章構成を紹介したいと思います。

それは、PREP法(プレップ法)とホールパート法です。

 

この2つは、情報を簡潔・正確に、そして説得力のある文章を作ることが出来ます。

つまり、PREP法やホールパート法で書くと、読む側にとって、分かりやすいので、離脱を防ぐことが出来るのです。

 

ということは、別の記事も見てもらうことが出来るので、Googleにも評価されやすくなると言うことになります。

では、具体的に進めてゆきますね。

 

以前の記事「アフィリエイト記事の書き方」も参考にしていただければと思います。

 

今回の記事で得られるものは?

2つの文章構成(PREP法とホールパート法)を覚えて書くだけで読まれる記事が出来上がる

 

PREP法とホールパート法って何?

会議中

PREP法とホールパート法はブログやサイトの文章構造として使いますが、もともと、プレゼンや会話をうまく説明するための法則です。

 

会議の席では、みんなに分かりやすく説明をしなければなりません。

そして、説得力も要しますが、これを効果的にするには、この2つの法則を使うことによって100%近く言いたいことを伝えることが出来るのです。

 

まず、PREP法とホールパート法は、それぞれ、違ったものです。

つまり、法則1と法則2というスタイルの違いですね。

 

そして、法則とは、文章の書き方(組み立て方)のひな形(テンプレート)だと解釈して頂ければ良いと思います。

 

PREP法は結論を先に述べる

プレップ法を説明する女性

PREP法(プレップ法)は結論を先に述べる文章構成です。

 

結論→理由→事例→結論

 

このような順番で書いて行きます。

この順番で書くと、分かりやすくて、説得力のある文章になります。

例として、スマホネタで紹介します。

<P>:キャリアを乗り換えると、iPhone 6Sは実質無料になりますね。

<R>:これは、iPhoneの新機種が売り出されたのでiPhone 6S(旧機種)が無料になるということです。

<E>:そう言えば、前回のiPhone8が販売した時もiPhone SEが無料になっていますね。

<P>:ということは、「iPhone 6S 無料」」で検索すると無料のお店を見つけることが出来ますね。

 

これが、PREP法の文章構成ですが、もっと分かりやすく言うと・・

 

こういうことになっています

その理由はこうです。

そして、それを例るなら、こうです。

よって、こういうことになっていますよね。

 

こういう順番で書きますが、ポイントは最初に結論をのべることです。

そういえば、よく、テレビドラマのシーンで・・・

社員
社長!大変です!!

社長
なんだよ、大変というのは?
社員
社長!え〜と・・それがですね。昨日、アポなしで得意先へ行ったのですが、そこに、ライバル会社の・・

社長
先に結論を言いなさい!何がどうしたのかを!

 

こういうシーンって、あなたもテレビや映画で観ていると思いますが、先に結論を述べることが重要です。

そして、その理由を言います・・・さらに、例えばで具体例を示す方法ですね。

この書き方がPREP法です。

 

PREP法の・・

Pは、結論(point)

Rは、理由(reason)

Eは、例(exaple)

Pは、結論(point)

 

余談になりますが、日本人は、PREP法で話を進める人は少ないように思います。

というのは日常の会話でよくしますよね。

こんな会話を・・・

上司
ところで、転勤すると言っていたけれど、いつになった?

社員

そうなんですよ、転勤は決まっているのですが、今の私が担当しているお客様の都合で、現在、動けない状態です。

なので、とりあえず、部下に引き継ぎをしているのですが、部下も、担当客がいるので、うまく進んでいないのです。

上司

そうなんだ?

それは仕方ないことだね。

それで、実際はいつ転勤するの?


社員

余裕をみて、来月20日以降に考えていますが、もう少し余裕をもちたいと考えています。

上司
そうなんだ、じゃ転勤日が決まったら教えてね・・

社員

いや、決まってます、来月の末頃を予定しています。

 

こういう会話は、私たち普通に行われていますよね。

これって、回りくどくて、答えが見えてこないので、時間の無駄なような気がします。

そこで・・・

上司
ところで、転勤すると言っていたけれど、いつになった?

社員

はい、来月の末頃を予定しています。

 

と結論を先に言えば、良いだけです。
そして、相手がどうして、そんなに遅くなるのか?

と聞いてくれば、先程の経緯を話せば良いということです。

 

PREP法を身につけば、言い訳がましいことを省略出来るし、時短にもなります。

もちろん、質問する側からも、真っ先に要点を掴むことが出来ます。

 

では、次に、ホールパート法を紹介しますね。

ホールパート法は全体を述べて、その詳細を説明する

ホールパート法を説明する女性

ホールパート法は、PREP法と同じように、最初に結論を言いますが、浅く結論を述べて、その理由を数字で示したりして、ひとつひとつ説明してゆきます。

つまり、「Whole」は話の全体を伝えて「part」= 各部分を説明してゆくと言う方法ですね。

 

アフィリエイトで商品を紹介するには、何点かのメリットがあると思います。

そこで、1つ目のメリットは、これ、2つ目はこれ、というように1つずつメリットを紹介してゆく方法です。

このホールパート法は、多くの特徴をもっているものを分かりやすく紹介する場合に適しています。

 

 

全体の結論

パート1(メリット1)

パート2(メリット2)

パート3(メリット3)

パート4(メリット4)

全体の結論まとめ

 

これも、先程の、iPhone6sの例で言うと・・・

 

iPhone6sは、キャリアを乗り換えるのであれば、無料になるのでお得ですね。

ということですが、だた、無料だけではなく、4つのメリットがあります。
それは・・

1)Androidよりも速い、(メリット1)

2)iPadなどとの連携がスムーズ(メリット2)

3)直感的に操作が出来る(メリット3)

4)ケースやアクセサリーが豊富にある(メリット4)

 

このように、メリット1から4までを示して、メリット1から順に詳細を書いてゆく方法です。

そして、最後に、全体の結論をまとめれば良いということです。

 

もちろん、アフィリエイトなので、「このようなメリットがあるので下記のバナーから、公式サイトをご覧になって確認してください。」など・・・

と締めくくれば良いということですね。

ホールパート法を樹木に例えた図

ということで、ホールパート法は、樹木に例えると、幹の部分をまず先に書きます。

そして、その幹から枝がつながっていますが、枝もいろんな働きをもっているので、順序立てて書いて行きます。

 

また、枝から葉っぱへと細かいメリットがあったとすると、これも順序立てて書くことで、訪問者は頭が整理されるので、より分かりやすくイメージされるのです。

 

もちろん、PREP法で記事を書いて行き、ホールパート法を組み合わせることもOKですね。

 

なぜ、最初に結論を述べるの?

社員が上司に報告をしているシーン

PREP法もホールパート法も、最初に結論を言います。

これは、読む人にとって、分かりやすくするためですが、ブログやサイトは、検索エンジンからの訪問者がほとんどだと思います。

 

つまり、あなたのことを知らない人があなたのブログを見るということです。

ということは、自分が求めている情報があなたのブログに書いてあるのか?

 

これをまず、知ることですね。

訪問者は、あなたのタイトルを見て、自分が求めている情報が書かれていると判断して、あなたのブログへ訪れて、最初の部分・・・つまり、ファーストビュー(導入)を見ます。

 

このファーストビューを見て、自分が求めている記事では無いと判断すると、すぐに戻るボタンを押して離脱します。

これを防ぐために、まず、結論を最初に述べるのです。

 

たとえ、訪問者にとって有益な情報が書かれていても、ブログサイトの後半だったら、そこまで見てくれないのです。

なので、最初に結論を述べるのです。

 

これは、紙の記事とは違います。

紙の記事・・・雑誌や小説などは、読者はこの雑誌や小説を読みたくてお金を支払って買います。

 

つまり、最初から有益な情報が得られると思っているからです。

なので、最初に結論を言わなくても、最後まで読んでくれるのです。

 

ここが、ネットとの違いになります。

ということなので、訪問者を増やすには、最初に結論を述べます。

そして、記事の内容を良くするのはもちろん、ファーストビューから最後まで、関連した内容で順に進めてゆく・・・また、発展した内容にすることが、読まれる記事になるのです。

 


今回の記事内容をご覧頂いて、まあ、退屈な記事では無いと思われたら、下記ブログランキングの応援クリックをお願いします。