読まれるブログ記事の書き方の秘訣はコレ!

ブログ記事に悩むブロガー
Pocket

前回の記事は、はてなブログの利点を紹介しました。

まだ、 ご覧頂いていない方は「はてなブログでアクセス増! 5つの機能で雑記ブログを書く」をご覧くださいね。

それで、はてなブログで記事を書けば良いと言うことは分かったけれど、どんなブログを書けば良いのか?

今回は、ここに焦点を絞ったノウハウを紹介しようと思います。

 

もちろん、ブログを書く限りは、ずっと続けやすく、資産になるブログにしなければ意味がないですよね

しかも、多くの人に読まれるブログ記事でなければなりません。

 

読まれるブログ記事とは、記事の途中でスルーしないで、最後まで読んで理解して頂くということです。

 

そこで、その、やり方ですが、どういうことに気をつけばよいのか?

その秘訣を紹介しますね。

今回の記事で得られるものは?

常にアクセスを集めるブログの書き方が分かる。
そして、その土台となる、意識しなけばならない秘訣を習得できる。

 

問題を解決する記事を書けば良い!

Google検索と悩むユーザー

まず、私たちは、何を目的として検索しますか?

 

  • 何か分からないことがあったり
  • 興味があることをさらに深めたい

 

などですが、これらは、主に問題(悩み)を解決したいからです。

ということは、その、問題を解決する記事を書けば良いということです。

 

問題を解決する記事のテーマとは・・

では、問題を解決する記事とは、どのようなテーマで書いてゆけば良いのか。

これは、悩んでいる人を連想すれば良いだけです。

 

例えば、

  • ダイエットをしたいけれど出来ない
  • 結婚したいけど、相手がいない
  • お酒やタバコをやめたいけれどやめられない
  • 英語を短期間で取得してアメリカへ行きたい
  • 短い期間で簡単に稼ぎたい
  • 子供の身長を高くしたい

 

など・・・

このような、願望があると思います。

なので、これらの解決する方法を記事にすることができれば良いということです。

 

読まれる記事の構成(テンプレート)とは・・

問題を解決する記事テーマが決まれば、次は、どのような構成で書いてゆくのかを、最初に考えておく必要があります。

 

まず、悩んでいる訪問者に

1)「こういう問題ですよね。」

ということを確認します。

矢印下向き

2)そして、その問題に対して、

「そういえば私も・・・」

と共感を示します。

矢印下向き

3)そこで、この問題の

「原因はコレです」

と解決案を提示します。

矢印下向き

4)そして、その問題を引き起こしている原因は

「こうすればいいですよ」

と解決する提案(商品紹介)をします。

矢印下向き

5)その結果、

「こういう素晴らしいことが・・」

 

という喜びのイメージを抱いてもらう方向へ向かわせます。

 

このように、1)から5)までは流れは読んで頂けるテンプレートです。

よって、あとは、文章の肉付けをすれば良いということです。

その肉付けはあなたの持ち味になります。

 

では、1)「こういう問題ですよね。」という確認を問う文章から、2)の共感に移る流れのサンプルを紹介します。

 

例えば、乾燥肌で悩んでいる人に〇〇という保湿クリームを提案する場合・・

最近、乾燥してきましたね。

季節なので、乾燥は仕方ないことだと思いますが、乾燥がひどくなると、お肌のバリア機能が低下します。

 

その結果、敏感肌やアトピー性皮膚炎などに・・・

そこで、保湿クリームが一般的なので、それを塗ったりしますが、実は、そのクリームの成分、これが重要なポイントになることをご存知ですか?

実は私、保湿クリームであれば何でも良いのではと思っていたのですが・・

 

記事の書き方というか、記事構成は、このような流れで作ってゆきます。

上記はサンプルなので、荒削りな部分があります。

 

なので、もう少し掘り下げた方が良いかも知れませんね。

 

肌のハリについて教えている女性

例えば、

「乾燥がひどくなると、お肌のバリア機能が低下します。」と一言で言っていますが、乾燥がひどくなると、どういう作用が働いてお肌のバリア機能が下がるのか?

また、バリア機能が低くなるとどういうことになるのか?

そして、バリア機能と老化と、どのうような関係をもっているのか?

 

などを分かりやすく説明することで、読者は、「なるほど」と思います。

さらに、何か例えることが出来れば理解しやすくなりますね。

 

例えを入れることで、イメージしやすくなり、それが記憶に残る・・・つまり、強いインパクトを示す文章になります。

 

これを例でいうと・・・

「例えば、風船の中にお水がたっぷり入っていると、中から圧力が掛かっているので、風船は、はち切れんばかりのピンと張っていますよね。」

「ところが、お水が少なくなると、風船は、ぶよぶよになって、シワのようなものが出来てしまいます。」

「これは、お肌とお肌の中で支えているセラミドというものの働きと同じなんです。」

 

このように、お肌の仕組みを分かりやすく説明してあげると、読者はあなたの説明をイメージとともに理解するので、さらに聞きたくなるのです。

 

このように、1)〜5)までの目的を意識してあなた流に書いてゆくことで、読まれる記事が出来上がります。

 

↓以前の記事「アフィリエイト記事の書き方 」にも記事構成について紹介しています。
参考にしてくださいね。

アフィリエイトの書き方へのリンク

 

問題を解決するブログは資産になる

収益をあげているブロガー

訪問者の問題を解決する記事を書くように心がけてゆくことで資産になるブログが出来上がります。

 

資産になるブログとは、何年経っても検索されて有益だと思われる記事のことをいいます。

そこで、資産にならないブログのことを紹介しますね。

 

こんなブログは書かない方がいい

①芸能人などのスキャンダルネタ

②自分だけの日記

 

 

芸能人などのスキャンダルネタ

スキャンダルネタを書こうと思っている男性

 

芸能人などのスキャンダルネタですが、これは、一発屋ブログです。

というのは、誰か有名タレントが結婚したとか、浮気がバレたなどのネタは、発覚と同時に記事をあげていれば、アクセスは爆発的に集中します。

 

アクセスが集中すれば、アドセンスなどを貼っているだけで、クリック率が多くなるので、稼げるということです。

でも、こういう芸能人のネタと言うのは、熱しやすく冷めやすいのです。

 

つまり、すぐに終結することが多いので、また、次のネタを探さなければならないということです。

これって、自転車操業と同じことなので、常に記事を書き続けなければならないですね。

そして、芸能人の画像を無断で掲載すると、肖像権の侵害にあたる場合があるので注意が必要です。

 

もちろん、芸能人のネタは稼げるブログには違いありませんが、資産にはなりません。

何年か前、AKB48の〇〇ちゃんのスキャンダル記事なんて、何年も継続して検索する人はいないですよね。

 

自分だけの日記

よく見かけるのが、自分に向けられた記事ですね。

これについては、前回の記事「雑記ブログを日記ブログにしてはダメ

で紹介していますので、ご覧になってくださいね。

 

つまり、読まれても他人事のブログなので、あまり、読まれない記事です。

友人宅で子供のビデオを見ている男性

例えば、友人宅へ遊びき行くと、決まって自分の子供のビデオを見させられるということ、ありませんか?

 

いくら友人であっても、子供のビデオを毎回見せられても困りますよね。

これと同じですね。

 

なので、日記ブログを書く場合は、目的に向かって誘導する記事にすれば、問題無いのです。

例えば、うちの猫の様子を書くとします。

 

「我が家のみーちゃんは運動不足で・・・」

というネタだったら・・

 

最近、見つけたペットフードは糖質が少ないので、肥満を解消するのでは?・・・

そして、この、ペットフードはこちらで買いました。

 

というアフィリエイトリンクを仕込む方法です。

このように書けば、同じ猫好きの方に有益な情報をシェアする記事になります。

つまり、稼ぐブログになるということです。

 

ブログの記事タイトルとキーワード

ブログタイトルは最も重要です。

というのは、タイトルが記事の中身をイメージさせているからです。

 

検索者は、タイトルを見て、自分が抱えている問題と関係があるのか?

ここを見極めて訪問します。

 

なので、ブログの記事には、訪問者の悩みや問題とするキーワードを含ませる必要があるということです。

 

つまり、問題や悩みをもっている訪問者は、どんなキーワードを検索窓に入れるのか?

これを考えます。

 

引越し風景

例えば、「引越し エアコン」と「エアコン 引越し」はキーワードの意味合いは全く違います。

「引越し エアコン」だったら、引越しするときにエアコンも一緒に新居へもってゆきたいという思いがあります。

 

「エアコン 引越し」は、ただ単にエアコンを別の場所へ移したいという意味があります。

この違いは1つの例ですが理解すると、ユーザーが打ち込むキーワードを理解することが出来ます。

 

このような、キーワードの持つ意味は、実際、サジェストキーワードを見て、どういうことが書かれているかをイメージするトレーニングをすればいいですね。

 

サジェストキーワードで表示されたキーワードの意味を理解する

まず、サジェストキーワードで表示された意味をイメージします。

 

次に、そのキーワードで上位表示している記事内容を見て、自分がイメージしていた記事内容と合致しているか?

または、違っていたか?

を確認して、キーワードの意味合いを一つずつ知って行きます。

 

もちろん、時代(時間経過)によって、キーワードの意味合いは変化します。

なので、キーワードありきでヒットさせることを考えずに、訪問者は今、何を求めてこのキーワードを入れるのかを考えてから進めてゆくことが重要です。

 

↓サジェストキーワードを含めた記事は下記をご覧ください。
関連キーワードのページへリンクするバナー

 

 

まとめ

どんなブログを書けば読まれる記事になるのか?

ですが・・

  • 問題を解決する記事を書く
  • 何年経っても検索されるブログを目指す

 

そして、タイトルキーワードは、問題や悩みを抱えている人は、どんなキーワードを検索窓に入れるのか?

を考えて記事を作ってゆきます。

 

まず、これだけでも意識すれば、読まれる記事が出来上がります。

今回は、ブログ記事を書くときに、最低限、意識して書くことで読まれる記事が出来上がるという秘訣を紹介しました。

 


buku2では、下記、無料レポートをDLすることが出来ます。

そのレポートの内容は、レアキーワードを見つける方法です。

詳しくは、下記バナーをクリックして、詳細をご覧いただき、宜しければ、DLをお願いします。

無料レポート詳細バナー

メルマガってどんな情報を配信してくれるの?は下記をクリック↓

メルマガリストページ 今回の記事内容をご覧頂いて、まあ、退屈な記事では無いと思われたら、下記ブログランキングの応援クリックをお願いします。

Pocket

“読まれるブログ記事の書き方の秘訣はコレ!” への2件のフィードバック

  1. 山ピコ より:

    こんにちは。

    一度、このままの型で文章を書いてみようと思います。
    とても参考になりました。
    ありがとうございます。

    • buku2 より:

      山ピコ 様

      コメントありがとうございます、buku2です。

      記事を書く構成(テンプレート)はいろんな型がありますが、今回の記事構成で書くと、
      読者にとって、もっとも、分かりやすいので、おすすめします。

      それでは、またのご訪問、コメントお待ちします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です