WordPressをコアサーバーからmixhostへ移行する!

今回は、WordPressをコアサーバーからmixhostへサーバーを移行をする方法を紹介します。

つまり、引越しですね。

それで、なぜ、サーバー移行が必要か?

 

ということですが、私の場合は、今は、昔と違って、今は被リンクSEOを使わなくなったからです。

つまり、サーバーを多く使って、IP分散するメリットが無くなったということですね。

 

これについては長くなりますので、後ほど紹介します。

 

では、早速、コアサーバーからmixhostサーバーに移行しますが、Xサーバーやロリポップなど、他のサーバーでもやることは同じなので参考にしていただければと思います。

 

そして、WordPressは、ファイルとデータベース(MySQL)、この2つを移行しなければならないのです。

 

そこで、WordPressとよく比較されるのが、シリウスですね。

シリウスは、HTML(静的サイト)なので、ファイルだけの移行で済みます。

 

ところが、WordPressは、PHPによる動的サイトなので、サーバーにファイルとデータベース、2つの情報を移行させる必要があるということです。

 

では、サーバーを移行する手順から紹介しますね。

 

下記もサーバーについての記事です。

サーバーと女性

 

今回の記事で得られるものは?

コアサーバーからmixhostサーバーに移行する方法を知ることが出来る。

 

サーバー移行の手順

WordPressに含まれているファイルイメージ

 

サーバー移行の手順は下記の手順に沿って行います。

 

①コアサーバーのファイルをダウンロード(FTPソフト)

②コアサーバーのデータベースをエクスポート

③mixhostサーバーで独自ドメイン設定

④mixhostサーバーでデータベースの作成

⑤WordPressの「Wp-config.php」ファイルの書き換え

⑥mixhostサーバーのデータベースへインポート

⑦mixhostサーバーへファイルをアップロード(FTPソフト)

⑧ネームサーバーを書き換える

 

上記①〜⑧までで完了です。

それで、今回は、プラグインを使わずにサーバー移行しますが、「duplicator」というプラグインを使って移行することも可能です。

ただ、「duplicator」はデータ制限があって、画像データやコンテン量が多いと、途中でフリーズしたして、移行出来ない場合があります。

なので、①〜⑧までの手順どおりにすれば簡単に移行出来ます。

 

但し、完全に移行してから、⑧のネームサーバーを書き換えるようにします。

では、さらに詳しく紹介します。

 

①コアサーバーのファイルをダウンロード

ファイルをバックアップするイメージ

 

WordPress=ファイル+データベースということが分かれば、早速、移行しましょう。

移行の手順は、FTPソフトを使って、コアサーバーに接続して、ファイルをダウンロードします。

 

今回は、CyberduckというFTPソフトを使ってコアサーバーへアクセスしますが、FFFTPなど、FTPソフトであればやり方は同じです。

 

まず、Cyberduckを起動させます。

Cyberduckの接続画面

 

 

起動すると、左の新規接続をクリックします。

次に、上記、①サーバ名、②ユーザー名、③パスワードを入れて接続をクリックします。

FTPでダウンロードする手順図

次は移転するフォルダーを右クリックして、ダウンロードで指を離します。

そうすると、ダウンロードが開始して、あなたのpcに保存されます。

 

②コアサーバーのデータベースをエクスポート

 

コアサーバーにログインします。

コアサーバーのログイン画面

 

そして、①②を記入して、③はあなたのサーバーを選択してログインします。

CORESERVERのデータベースがあるところ

次は左メニューからデータベースをクリックします。

 

コアサーバーのデータベース表示図

そうすると、上記画像が表示されるので、①の鍵マークをクリックします。

 

コアサーバーのログイン画面

 

次は、ユーザー名とパスワードを入れて、「OK」をクリックします。

 

そうすると下記が表示されます。

php myadmin画面

①のデータベース名をクリックします。

そうすると、矢印の下画像に移りますので、②のエクスポートをクリックします。

これで、あなたのPCにコアサーバーのデータベースが出力されます。

 

③mixhostサーバーで独自ドメイン設定

mixhostのコントロールパネル

 

mixhostの「cPanel」にログインします。

ログインアドレスは登録完了時にメールで送付された、ログイン情報を「cPanel」に記入するだけです。

 

ログインすると、下記のような画面になります。

 

mixhostのアドオンドメイン場所

 

ドメインのアドオンドメインをクリックします。

 

 

mixhostのドメイン作成画面

 

次は①〜③を記入しますが、

①のドメインを記入すると、②サブドメイン、③ドキュメントルートは自動で表示されます。

確認して、変更する必要が場合はそのままで大丈夫です。

 

そして、④をクリックします。

ドメイン作成完了表示

ドメインが作成されました、

と表示されれば、OKです。

 

④mixhostサーバーでデータベースの作成

データベースウィザートアイコン

次は、データベースの作成ですね。

上記画像のMySQLデータベースウィザードをクリックします。

 

mixhostのデータベース作成画面

 

そして、新しいデータベース名を作成します

 

新しいデータベース名を作成画面

 

①と②にパスワードを作成して③のユーザーの作成ボタンを押します。

 

次はユーザーに与える権限を設定します。

権限を設定画面

 

「すべての権限」にチェックを入れます。

そして、「次の手順」をクリックします。

データベース追加完了表示

これで、データベースが追加されました。

 

⑤WordPressの「Wp-config.php」ファイルの書き換え

 

次は、「①コアサーバーのファイルをダウンロード」したファイルを書き換えます。

書き換えるファイルは、「Wp-config.php」です。

 

書き換え方法は、コアサーバーからダウンロードしたファイルから行います。

 

Wp-config.phpファイルの場所表示

 

ダウンロードしたファイルで「Wp-config.php」を探して開きます。

 

データベース設定の書き換え箇所

 

そして、「Wp-config.php」内に・・データベース名、データベースユーザー名、パスワード

を書き換えますが、先程mixhostで設定した内容どおりに書き換えて保存します。

 

⑥mixhostサーバーのデータベースへインポート

mixhostデータベースインの入り口

データベースから「phpMyAdminをクリックします。

 

 

phpMyAdminの表示方法を図解

 

そして、右メニューに設定したデータベースが表示されますので、クリックします。

 

そうすると、下記が表示されます。

 

データベースインポート画面

 

次に、インポートをクリックします。

 

 

データベースのファイル選択画面

 

そして、アップロードファイルを選択して、実行ボタンをクリックします。

 

インポートは正常に終了しました。

と表示されましたらデータベースの移行は完了です。

 

⑦mixhostサーバーへファイルをアップロード(FTPソフト)

では、次にあなたのPCにダウンロードした、ファイルをFTPソフトを使ってmixhostへアップロードします。

ファイルをアップロードの仕方

FTP(Cyberduck)で、mixhostサーバーにログインします。

そして、「public_htmlフォルダー」へファイルをアップロードすれば、ファイル及びデータベースの移行は完了です。

では、最後に、ネームサーバーを書き換えましょう。

 

⑧ネームサーバーを書き換える

ネームサーバーは、今までコアサーバーで使っていましたが、新たにmixhostに切り替える・・・つまり、mixhostサーバーに紐付けをおこなうために書き換えます。

 

今回はドメインを購入した、お名前ドットコムのネームサーバー設定での方法を紹介します。

お名前ドットコムのログイン画面

左端のログインボタンをクリックします。

 

 

ログインに必要な、ID、パスワードは、メールで届いたログイン情報からコピペします。

 

 

お名前ドットコムのドメイン設定画面

次は、ページの上あたりに「ドメイン設定」があるので、そこをクリックします。

 

 

 

そうすると、下の方にネームサーバーの変更項目があるので、そこをクリックします。

 

下記が表示されますので、「他のネームサーバーを利用」をクリックします。

変更するネームサーバータグ

そして、下記のネームサーバー情報をコピペして書き換えます。

[ネームサーバー情報]

ns1.mixhost.jp
ns2.mixhost.jp
ns3.mixhost.jp
ns4.mixhost.jp
ns5.mixhost.jp

 

これで、お名前ドットコムからmixhostへのネームサーバーが変更されます。

そして、ネームサーバーが認識しなければ表示されません。

 

なので、あとは、待つだけですが、完全に変更されるまで長くて24時間ぐらいかかるそうですが、私がやったときは、2時間ぐらいで変換されていますね。

 

そこで、mixhostでは、「hostsファイル」を設定すると、ネームサーバーを変更する前でも独自ドメインでWebサイトにアクセスし動作を確認する事ができます。

 

と記載されていますが、私が試した結果、この機能は使えませんでした。

MacとWin8.1でやってみましたが、残念ながら使い物にならない機能です。

 

そして、もちろん、mixhostへ問い合わせをしましたが、納得ゆく回答はありませんでした。

 

ここが、mixhostの欠点のように思います。

でも、概ね、サーバーを運営している会社に問い合わせをしても親身になって回答するところは、少ないように思います。

 

特に、さくらサーバーもほとんど、無回答に近いですね。

ここが、どうかな?と思いますが・・

 

ただ、今回の移行元である、コアサーバーは比較的サポートが良いように思います。

データベース接続確立エラー

データベース接続確立エラー表示

 

「データベース接続確立エラー」が発生することがあります。

 

これは wp-config.php ファイルのユーザー名やパスワード情報が間違っている場合があります。

また、ホストのデータベースサーバーのダウンも考えられます。

 

でも、多くは、wp-config.php の書き換え時に間違っている場合が大きいですね。

 

また、mixhostのユーザーに与える権限を設定する、チェックが外れていることもあります。

なので、もう一度、確認することをおすすめします。

 

サーバー移転はなぜするの?

冒頭で、少し述べました、サーバー移転をする理由ですね。

これは、私がアフィリエイトを始めた頃は、リンクSEOというやり方がアフィリエイトの主流だったからです。

 

今のように、コンテンツSEOではなく、被リンクを獲得するために、IPアドレスを分散する必要があったのです。

つまり、自作のサイトを多く持ち、メインのサイトへリンクを貼ります。

でも、同じサーバーでリンクを貼ると、IPアドレスが同じなので、自演リンクだとすぐにバレていまいます。

 

そこで、多くのサーバーと契約して、それぞれ違ったIPからのリンクを送るというやり方が効果的だったのです。

もちろん、今では、これは通用しませんが昔は通用した時代だったのです。

 

その頃は、検索エンジンの性能が低い時代だったので、多くのサーバーを借りても、じゅうぶん元をとることが出来たということです。

ということで、今では、出来るだけサーバーは少なくして、コンテンツの質で勝負するという時代なのです。

 

いかがですが、今回はコアサーバーとmixhostを取り上げましたが、このサーバー移行は、他のサーバーでも同じです。

WordPressの移行が気になっている方、お金を払って移行する前に、自分でやってみるのもいいと思います。

 

mixhostの詳細はここをクリックします。

月額198円から利用できる次世代レンタルサーバー

独自ドメインの購入は「お名前.com」

 

 


今回の記事内容をご覧頂いて、まあ、退屈な記事では無いと思われたら、下記ブログランキングの応援クリックをお願いします。