ブログ記事は何文字書けば良いの?見出しと文字数の関係

記事数に迷っている男性
Pocket

メルマガやブログのメッセージで、よく質問をいただくのが、何文字書けば訪問者にとって有益な記事になりますか?

とか、Googleに評価されますか?

などですね。

 

そこで、私と同じような、アフィリエイトブログを運営している人に質問すると「文字数は何文字書かなければならないか?、など関係ありません。」

このように、言われますよね・・・

では、どうすれば良いのか?

と聞いてみると・・

 

「内容によるので、中身の濃い記事を書いてください・・・」

とか・・

「タイトルに相応しい記事を分かりやすく書けば良い」とか・・

 

具体的に教えてくれないことが多々あります。

このような、アドバイスは、分かったようで分からない・・・

 

「そうなんだ」といえないアドバイスですね。

そこで、今回は、ブログ記事の文字数は何文字書けば良いのか?ということと、それには、見出しが関係していること、さらに有益な記事の書き方を紹介します。

 

今回の記事で得られるものは?

ブログ記事は、何文字書かなければならないのか?ということが解消して、検索ユーザーの満足度を高める記事の書き方が分かる。

 

ブログ記事は何文字書けば良いの?

検索ユーザーにとって、有益な記事を書けば良いということは、もうご存知だと思います。

といっても、具体的に何文字書けば有益な記事になるのでしょうか。

 

これは、記事の分野によって違ってきます。

例えば、私の見解ですが、ハウツウー系の記事だったら、4000文字〜7000文字ぐらい必要です。

 

また、トレンド系ブログで幅が広い案件を扱うとなると5000文字〜10000文字ぐらいが普通ですね。

 

そして、1つの商標案件だったら、3000文字ぐらいが適切だと思います。

雑記ブログだと、1500文字ぐらいで十分な気がします。

 

このように、分野によって文字数は違ってきますが、どれだけ広げる(網羅)か?

ここが文字数と深く関係してきます。

家の建築とビルの建築現場の違い

 

これは、例えば、家を建てることとよく似ていますね。

大きな土地があって、大きな家を建てるとなると、部屋数も多くなると思いますし、それだけ多くの柱が必要になります。

 

ここでいう柱は、見出しですね。

見出しが多いと文字数も多くなります。

 

よって、記事の規模はあなたが決めることですが、見出しの数によって、文字数が決まってくるということです。

では、次に「見出し」について紹介しますね。

見出しと文字数

pc画面とh2,h3

まず、見出しについて紹介します。

見出しは何について書いてあるのか?

ひと目で内容が分かるようにしたものです。

 

例えば「スマホ 買取り」と言うキーワードで記事を書く場合は下記のような見出しが考えられます。

 

h1:タイトル スマホを買取ってくれるお店を徹底調査!

見出し(h2):スマホ 買取比較

見出し(h3):iPhone VS Android

見出し(h2):スマホ 買取 店舗

見出し(h3):ブックオフ の買取とは?

見出し(h4) :ブックオフの買取メリット

見出し(h3):イオシス「けっこう高い」の理由

見出し(h3):ゲオも高く買ってくれる

見出し(h3): tsutayaで売るメリットとは

見出し(h3):秋葉原で探してみた

見出し(h2):スマホ 買取価格 一覧

 

見出しタグとはなに?

hタグの記載例

初心者さん向けに見出しタグとはなんぞや?

ということから説明しますね。

 

上記見出し、h2とh3、h4がありますが。これらは、hタグといいます。

このhタグは、h1からh6まであります。

 

大見出し:h1

見出し:h2

小見出し:h3

 

WordPressの場合、大見出しが最も重要な見出し(タイトル)です。

つまり、

h1>h2>h3>h4

 

このような使い方をしますが、h1は一回だけ使用します。

h2〜h6は何度でも使えます。

但し、h2の次に使えるのはh3です。

 

よって、h2の次にh4を使うことは出来ません。

h4の次はh5のように使います。

このように、見出しの次は小見出しという順番があるということですね。

 

見出しの利点

スマホで目に止まった見出しフレーズ

見出しは目次に沿ったもので、読む側から見やすくなるという利点があります。

WEB上でのブログやサイトは、概ね、飛ばし読みをされています。

 

でも、飛ばし読みでも、見出しがあると、訪問者にとって目に留まるということです。

また、文字数が多いと、読まれないと思われますが、見出しによって、それを防ぐ役目をします。

 

つまり、PCやスマホでスクロールやスワップして見ている訪問者は、太文字の見出し文字が現れると、思わず目に止まるということですね。

 

さらに、見出しに入っているキーワードは文中のキーワードよりもGoogleから評価されやすくなります。

それは、Googleは、どういう記事なのか?

を知るために、記事タイトルの次に見出しを見て関連性を確認して評価しているのです。

 

ということで、見出しは重要な役目をしているのですね。

見出しが増えれば文字数も増える

ウェブオーナーと見出しのプラカードを掲げた男女

 

h2が増えれば、それに従って文字数は増えます。

概ね、h2の文字数は200文字〜400文字と言われています。

 

この、200文字〜400文字の根拠ですが、1分間の平均読書速度が400文字ぐらいだと言われているからです。

つまり、見出しごとに30秒〜1分ぐらいが、離脱しにくい文字数(ボリューム)だといえます。

 

もちろん、文章の内容によりますが、1見出しに300文字だとすると、10見出しで3000文字になります。

 

これは、例えば、h2が6個、h3が4個ぐらいで想定していますが、あくまで記事の形を整えただけの話です。

まずは、こういうモデルと言うか、テンプレートをイメージして書き始めることがいいと思います。

 

文字数は多い方が良い

文字数が多いことのメリット表

私は文字数は多い方が良いと思っています。

もちろん、ただ単に、文字数を稼ぐ書き方ではなく、広げてゆく・・・つまり、網羅させることです。

 

そもそも、検索エンジンはキーワードで決まります。

文字数が多いと、多くのキーワードが生まれてきます。

 

例えば、先程の「スマホ 買取り」というキーワードを狙うとすると、見出しh2が5個よりも6個・・・7個というように見出しを増やすと、いろんな角度からの言葉(キーワード)を使うことになります。

 

ということは、文字数は多い方が良いという結果ですね。

これは、検索ユーザーが検索したキーワードに対して関連した記事を提供する・・・つまり、ユーザーが求めている顕在ニーズだけではなく、潜在ニーズに気づく可能性があるからです。

顕在ニーズと潜在ニーズに関しては以前の記事「潜在ニーズを含ませた記事を書く」をご覧になってくださいね。

 

潜在ニーズを引き出す記事を書く

潜在ニーズと顕在ニーズのイメージ

顕在ニーズは明らかに欲していることで、潜在ニーズは、まだ、気づいていないことを言います。

そこで、検索ユーザーがまだ気づいていない情報を提供すれば、有益な情報になる可能性が大きいということです。

 

これも、例でいいますね。

検索ユーザーは、ダイエットをしたくて、いろいろ調べます.

そして、簡単に無理なくダイエットをしたいということで検索します。

 

その検索結果から酵素ダイエットを知りました。

次に、酵素ダイエットって、どういうダイエットなのか仕組みを知りたくなります。

 

よって、「酵素ダイエット 仕組み」で検索すると、〇〇酵素という商品を見つけました。

そこで、そのユーザーは〇〇酵素を知ったサイトでは購入しないで、他のサイトで〇〇酵素について調べます。

 

では、なぜ、最初に訪れたサイトで購入を踏み切れなかったのか?

というと、商品についての一通りの説明だけの記事内容だったからです。

 

これが、離脱された理由です。

ユーザーは、〇〇酵素についての一通りのことは理解しましたが、販売LPに書かれている情報だけでは、買う気にならなかったということです。

 

そこで、あなたのブログに出会って見てみると、まず、酵素の仕組みについての見出しを示してブロックごとに分けて、分かりやすく図解入りで書いている。

つまり、ユーザーは最初に訪れた記事内容と同じでも、より分かりやすく図解で示して、その仕組の要点を列記することによって、簡単に深く理解することができたのです。

 

さらに、その仕組から、より効果的に痩せるヒントを得ることも出来たということです。

この、より効果的に痩せるヒントとは、ダイエットに向けての食事の仕方やエネルギーを使って体脂肪を減らす方法など、ただ単に、〇〇酵素を摂取するだけではない相乗効果についての記事が付け加えられていました。

 

これが、潜在ニーズを引き出すということです。

そして、使った人の感想や口コミ、他社製品との違いなどが網羅されていると、ユーザーはあなたのブログだけで満足します。

 

ということは、他のブログやサイトを見る必要がなくなります。

つまり、購入を決めてくれる可能性が高くなるということです。

 

このように、検索ユーザーにとって、顕在ニーズだけではなく、潜在ニーズをプラスすることによって、売りにつながる記事を作ることが出来るのです。

いずれにしても、文字数は増えます。

 

訪問者を満足させる記事を書くには文字数は増える

例を上げて説明している男性

検索ユーザーにはレベルがあります。

レベルとは、検索したキーワードで表示された記事内容の理解度の差です。

 

また、ある程度、検索して既に知っている人がいたり、まったく知らない人もいます。

なので、知らない人を対象にして記事を書くことが必要です。

 

また、知っているユーザーに対しては、内部リンクを貼って記事後半に移動するか、別記事に移動するようにします。

 

では、知らない人向けの記事の書き方は・・・

「これはこうです」

「例えば」を添えて「これはこうです」を分かりやすく伝える。

つまり、述べた事柄に対して具体的な例をあげて説明します。

 

このような書き方をします。

「これはこうです」は結論です。

 

そして、その結論に至った例を示して、容易に理解しやすく説明を加えます。

このような記事構成にすると、知らない人も理解してくれるのです。

 

もちろん「例えば」を付け加える文章だけでも、文字数は増えます。

でも、例で示すことによって、ユーザーはイメージしやすくなり記憶に残るのです。

 

つまり、訪問者にとって、満足させる記事になるということです。

そして、イメージしやすい記事に仕上げることによって、訪問者の滞在時間も長くなります。

 

もちろん、Googleは文字数の多さに対して評価しません。

でも、検索ユーザーが求めている情報に答えることを評価します。

 


buku2では、下記、無料レポートをDLすることが出来ます。

そのレポートの内容は、レアキーワードを見つける方法です。

詳しくは、下記バナーをクリックして、詳細をご覧いただき、宜しければ、DLをお願いします。

無料レポート詳細バナー

メルマガってどんな情報を配信してくれるの?は下記をクリック↓

メルマガリストページ 今回の記事内容をご覧頂いて、まあ、退屈な記事では無いと思われたら、下記ブログランキングの応援クリックをお願いします。

 

Pocket

“ブログ記事は何文字書けば良いの?見出しと文字数の関係” への18件のフィードバック

  1. ゆきぴ より:

    こんばんは。
    ブログランキングからきました。
    ブログの記事数いつも悩んでいました。
    とても詳しく書かれていたのでとても参考になります。
    見出しの付け方も勉強になります。
    また拝見させていただきます。

    • buku2 より:

      ゆきぴ 様

      こんばんは、buku2です。
      参考にしていただき、ありがとうございます。

      ブログの内容を一言で言う・・・それが、タイトルですが、
      見出しはタイトルを支える柱のようなものです。

      そして、記事の規模によって、文字数が左右されます。
      また、お越しくださいね。

  2. ブログアフィリエイター ハル より:

    はじめまして!
    ブログアフィリエイターのハルです。

    私もブログを書いていますが、見出しと文字数がこんなに密接に関係しているなんて気づきませんでした。とても勉強になりました!
    今後の参考にさせていただきます。

    • buku2 より:

      ハル 様

      はじめまして、buku2です。
      見出しと文字数ですが、見出しは特に重要ですね。

      Googleが何の記事なのか?
      判断するのが、タイトル・・・次に、見出しですね。

      なので、キーワードもしっかりと拾ってくれるので、関連キーワードを入れておくと、上位を目指せます。

      では、また、宜しくお願いいたします。

  3. Taym より:

    こんばんは。

    めちゃくちゃ参考になりました。
    見出しのつけ方と文字数を意識してみます!

    • buku2 より:

      Taym 様

      こんにちは、buku2です。

      参考にしていただき、嬉しいです。
      今後も、有益な情報を目指して、記事作成してまいります。

      それでは、宜しくお願いいたします。

  4. takafumi より:

    こんにちは。ブログライター初心者です。他のブログやサイトを見る必要がなくなるような書き方をすると、当然文字数は増えるということですね。読者にとってわかりやすい記事というのは表現が易しいというより、述べた事柄を事例で支えるということなのだとわかりました。buku2さんの他の記事も読ませていただきます。有益な記事を本当にありがとうございます。

    • buku2 より:

      takafumi 様

      コメントありがとうございます、buku2です。

      コメント頂いたとおりです。
      網羅する記事を書けば、当然、文字数が増えるということですね。

      お褒め頂き嬉しく思います。

      それでは、またのご訪問お待ちします。

  5. misuzu より:

    とても分かりやすかったです。
    中身の濃い記事、見出し、知らない人でもわかるように記事を書くことが大事なんですね。勉強になりました。
    りがとうございます!

    • buku2 より:

      misuzu 様

      ご訪問ありがとうございます、buku2です。
      お役に立てて嬉しいです。

      それでは、またのご訪問、宜しくお願いします。

  6. れいこ より:

    こんばんは
    buke2さん
    今日の内容も 初心者ブログの私に悩み解決の内容 文字数がありまして 感動しました❣
    今度から 拍車がかかります♪

    • buku2 より:

      れいこ 様

      コメントありがとうございます、buku2です。
      感動だなんて、嬉しいですね。

      それから、拍車がかかったということなので、
      頑張り時ですね。

      それでは、宜しくお願いします。

  7. Manohiro より:

    ブログランキングからです。
    >内容の濃いものを書く。
    やはり、正統派で進めるのが一番ですなあ。
    頑張ります。

    • buku2 より:

      Manohiro 様

      コメントありがとうございます、buku2です。

      >やはり、正統派で進めるのが一番ですなあ。

      そうですね、今は小細工が効かない時代なので、
      正統派で進めてゆくのが最短距離ですね。

      またの、ご訪問お待ちします。

  8. 英雄故事 より:

    おはようございます
    人の潜在ニーズにどういう風に答えるかが重要なのかなあと感じました。
    文章を書くのが下手なのでなかなか難しいですが頑張ります。
    情報ありがとうございます。

    • buku2 より:

      英雄故事 様

      コメントありがとうございます、buku2です。

      潜在ニーズですね。
      これを自分に当てはめて考えると・・・

      あることが知りたくて検索して、ブログやサイトを見て、「ちょっと違うんだな・・」
      と思って、違う検索ワードで検索する・・・そのキーワードと適切な記事が書いてあるブログを見つけることですね。

      ここを目指せば稼げるブログが出来上がるということですね。
      それでは、またのご訪問をお待ちします。

  9. たっきー より:

    buku2さん こんにちは
    見出しの仕組みが良くわかる内容でした。
    あらためて知ることもあり
    今後の記事作成の参考になります。
    情報ありがとうございます。

    • buku2 より:

      こんにちは、buku2です。
      見出しの仕組みですね。

      参考になったということで、嬉しく思います。
      また、参考になる記事を書いて行きたいと思います。

      それでは、宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です