アクションキーワードと情報チェックキーワード

アクションキーワードと情報チェックキーワードの違いを知った女性
Pocket

アフィリエイトをするにあたって、一番稼ぎやすいキーワードは、アクション系のキーワードです。

このアクション・・つまり、行動を起こすキーワードのことを、アクションキーワードと言います。

ユーザーは、ある商品が欲しくなり、ネットで情報を仕入れ、購入することを決めて、検索窓口に入れるキーワードのことです。

つまり・・

ユーザーは購入を決めている

どこで買おうか?

安く買いたい

信用出来るブログで確認して購入したい

このようなユーザーを狙うキーワードのことを言います。

例えばアクションキーワードは・・

「商品名+通販」

「商品名+最安値」

「商品名+購入」

「商品名+販売」

のようなタイトルにします。

この、アクションキーワードについては、私の無料レポートやメルマガ、そして、当ブログの、「アフィリエイト タイトルはコレ!」にも少し触れていますが、今回はさらに詳しくということで、アクションキーワード、そして、情報チェックキーワードについて紹介したいと思います。

 

アクションキーワードで訴求する場合のアフィリリンクの貼り方

アクションキーワードは先ほど述べたように、購入意欲があるユーザーに向けて訴求するキーワードです。

 

つまり、購入したいと思ってあなたのブログへ訪問しているので、すぐにでも応える必要があります。

アクションキーワードのアフィリリンクの位置

そこで、アフィリリンクはファーストビューになる部分・・・つまり、 書き出し部分に貼ります。

でないと、ユーザーは離脱してしまいます。

 

要するに、ページの最後にアフィリリンクを設置しても、訪問者は買おうと決めているので意味がないと言うことです。

と言っても、ヘッダー真下にアフィリリンクを入れるのも、あまり良くない気がします。

 

その理由ですが、 googlebotは、初めて、あなたのサイトに訪れると、何を目的としたブログなのかをまず判断します。

 

つまり、ブログタイトルやヘッダーに書いている説明文などを、理解して本題の文章に入ります。

 

その初っぱなに、アフィリリンク(外部リンク)があると、 広告宣伝ページだと判断する場合があるそうです。

よって、まず、ユーザー目線の文章(共感など)を書いて、 小見出し(H2)に入る前あたりにアフィリリンクを設置すると良いでしょう。

1フリックで購入ボタンを見つけることが出来るという画像

そのようにすれば、ユーザーがスマホで見た場合、 ファーストビューの文字数にもよりますが、1フリックで購入サイト(LP)のリンクバナーを発見することが出来ます。

それぐらいの位置が適切だと思います。

でも、このアクションキーワードはライバルが多く、よほどユーザーのためになる記事でないと、上位表示するには、難しいですね。

但し、新案件の場合は、ライバルがいないので、狙い目です。

ただ、新案件というのは、新商品なので、商品力が無いことから最初は誰も訪れてくれません。

これが、デメリットですが、特化サイトではなく、総合サイトの一記事として書くには良いと思います。

でも、意外と人気のある商品に出くわす場合がありますね。

そういう時は、ラッキーというか・・・儲けもんですね。

また、テレビや雑誌で売れていて、宣伝媒体として、初めてアフィリエイトに参入する商品だったら、簡単に成約することが出来ます。

いずれにしても、誰よりも早く記事を書いて、インデックスさせることが重要です。

 

情報チェックキーワードとは

情報チェックキーワードを理解した女性

アクションキーワードについては、 おおよそ紹介しましたが、 次に情報チェックキーワードについてお話ししますね。

情報チェックキーワードは、商品についての情報を知りたいというユーザーに訴求するキーワードです。

 

ユーザーは・・・

 

商品(サービス)に興味がある

さらに情報を知りたい

自分がイメージしているものと合っているか?

他の商品の比較やレビューを知って検討したい

 

このような情報を求めているユーザーに訴求するキーワードのことを情報チェックキーワードと言います。

 

なので、アフィリリンクの貼り方や記事の構成など、アクションキーワードとは違ってきます。

 

では、その違いとは何か?

・・・は次で紹介します。

 

情報チェックキーワードはサイト巡回を目的とする

サイト巡回図

まず、情報チェックキーワードとは、ユーザーが興味を抱いた商品(サービス)の効果や実際使った人からの感想などの、情報を得るために検索窓口に入れるキーワードのことです。

 

例えば・・

 

「商品名+口コミ」

「商品名+評判」

「商品名+効果」

「商品名+レビュー」

「商品名+使い方」

 

これらのキーワードですが、ユーザーはその商品の評判や効果など、 実際使ってみてどうなんだろう?

と考えています。

 

なので、その商品の利点や欠点を示してあげることで、おおよそ、自分には合っているか?

という指針を見いだすことができます。

これが目的なので、この目的に沿った文章を作れば良いのです。

 

「商品名+口コミ」や「商品名+評判」で検索してくるユーザーは、使った感想を知りたいと言うことですが、ただ商品が良かっただけではなく、使用した人の感想・・・つまり、「この様に使えば良いと思ったけれど、ここはダメだ」とか、使い勝手の利便性などを深掘りした文章を書くことが必要になってきます。

 

日本人は概ね、人が使っているものを自分も使ってみたいと思います。

よって、多くの人が良いと言うと、確かめないで購入する人もいらっしゃいますね。

そして、この、情報チェックキーワードもアクションキーワードと同様、ライバルが多く存在するので、他の記事とは違った観点で、深掘りする必要があります。

情報チェックキーワードの記事の書き方

網羅性と深堀を説明する女性

情報チェックキーワードはアクションキーワードと違い、ページ自体の内容を充実することがポイントになります。

 

つまり、網羅性が必要ということです。

なので、例えば、「商品名+効果」というキーワードで訴求する場合は、 その商品の効果について、徹底的に伝えることが重要です。

 

ここで一つの例で考えて見ると、 ダイエット商品であれば、痩せるまでの過程を分かりやすく説明することが必要になってきますが、サプリメントだったら、その商品に含まれている成分が体内に入った時にどのように作用するのか?

これを、ユーザーに分かりやすく説明する必要があります。

お腹の脂肪が気になる女性

例えば、あなたが紹介する商品の特徴は、脂肪をブロックする成分が含まれているとすると、そのブロックする仕組を分かりやすく説明します。

 

これも例ですが・・・

糖質を多く摂ると、脂肪が蓄積して太ります。

その仕組みは、糖が体内に入ると、腸内で分解酵素が働きますが、糖は2糖類から1糖類に分解されて吸収されます。

そこで、運動をしてエネルギーを使わないと、糖の使い道が無くなり、お腹の脂肪として蓄積されます。

つまり、太るということですね。

 

そこで、〇〇ダイエット商品は、糖をブロックします。

 

その糖をブロックする仕組は、先ほど述べたように、2糖類から1糖類に分解しますが、これには体内酵素が働くからです。

 

その体内酵素は、α-グルコシダーゼという酵素ですが、この分解酵素を阻止する働きを持っているのが、〇〇酵素ダイエットの〇〇という成分です。

 

という感じで説明すると、〇〇酵素ダイエットに含まれている〇〇という成分が分解酵素を抑制してくれるので、脂肪がつかない・・・つまり、ダイエット出来るとユーザーは理解します。

 

このように、まず、効果を発揮する成分がどのようにして働くのかをユーザーに伝えます。

 

これは、1つの例ですが、「商品名+口コミ」の場合は、今の説明を口コミらしくアレンジして伝えることでユーザーの心に響くと思います。

もちろん、口コミの場合は、実際の口コミ投稿での情報を得ることが確実なので、それを元に記事を書きます。

 

情報元は、LPサイトにSNSが設置してあるのであれば、それを参考にしたり、@コスメ、

などの口コミサイト、または、実際自分が飲んだ感想など、さらに、クラウドソーシングなどで 口コミを募集するなどして情報を得て頂ければと思います。

 

情報チェックキーワードのアフィリリンクの貼り方

情報チェックキーワードのアフィリリンクの挿入場所

情報チェックキーワードの場合、私は、記事の一番最後に1つだけアフィリリンクを入れています。

記事数は、2000文字から4000文字ぐらいです。

 

ただ、記事の流れによって、アフィリリンクに誘導するのが効果的だと思えば、アフィリリンクを追加します。

 

でも、多くのアフィリリンクを入れたりすると、逆にユーザーは離脱する場合があるので、注意が必要です。

 

1000文字程度で4個以上アフィリリンクを入れているサイトを見かけたしますが、ユーザーの離脱だけではなく、Googleからもペナルティの対象になったりします。

 

なので、あくまで、ユーザー目線で考えて記事を書くようにしましょう。

 


buku2では、下記、無料レポートをDLすることが出来ます。

そのレポートの内容は、レアキーワードを見つける方法です。

詳しくは、下記バナーをクリックして、詳細をご覧いただき、宜しければ、DLをお願いします。

無料レポート詳細バナー

 

ブログランキング投票

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です