医療・健康系の順位変動!対策を考える

Google2017年12月6日のアップデート
Pocket

12月6日にGoogleの検索チューニングのアップデートが行われました。

Googleからの発表↓

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html

 

このアップデートは、記事の信頼性ですね。

Googleは書かれた記事内容を収集しても信用できる記事なのか分からないのです。

つまり、「信用できるの?できないの?」

が分からないので、誰が書いているのかをプロフィールやプライバシーポリシー、情報開示方針、お問い合わせなどを参考にして基準を決めているようです。

 

そこで、〇〇大学病院 教授と言う文字や画像が入っていると、医療従事者なので、信用できる記事だと決めているようですね。

Googleはおそらく、このような、基準で順位を決めています。

 

なので、一般のアフィリエーターが医療関係の記事を書いても、信用性が少ないと判断して順位を下げて表示させます。

 

また、アフィリリンクに誘導しているなど、売るためのブログと判断している可能性もあります。

この判断基準をより強化させたのが、今回のアップデートと言うことです。

 

そして、今回のアップデート後ですが、多くのサイトやブログに影響を与えているようですね。

特に医療や健康関係の悩み系のブログを運営している方は大きな打撃を受けているように思います。

 

もちろん、私もそうですが・・

 

「クリエ」、つまり、検索キーワードの60%に影響を与えていると言うことなので、健康系のアフィリサイトの運営者は、今後どのようにするのか?など、対策を考えなければと思います。

 

これから医療や健康に関係したブログ作成を考えている方は、一旦中止した方がよさようですね。

では、今後の対策について考えてみたいと思います。

 

↓医療・健康系の対策は、薬機法を知ることが必要です。
アフィリーガルの詳細を見る。

この教材には独自特典をお付けします。

 

とりあえず、様子を見る

現在、医療や健康関連のブログを立ち上げている方は、とりあえず、様子を見ることですね。

Googleのアップデートは最初は「やりすぎ」・・つまり、キツ目のアップデートを行って、その後、修正をかけてゆく方法をとっています。

これって、最初は荒く、「やっつけ仕事」をするのです。

 

これは、以前、多くのアップデートがありましたが、みんな最初は、「やっつけ仕事」でしたね。

 

2月のWELQ対策でのアップデートは、企業のサイトも飛ばされる結果となり、その後、戻って来るということが多々ありました。

ウェルクアップデートのグラフ

私も1サイト、戻って来ましたね。

当初、そのサイトは軒並みに順位が落ちているので、諦めていたのですが、約1ヶ月半ぐらいしてから、順位が戻ってきました。

 

このようなことがありえるので、今回も様子をみることをおすすめします。

そして、その後の対策は・・

 

医療や健康関係ブログはやらない

健康ブログをやめると宣言した女性

先ほどの、様子をみてから判断しますが・・・

医療や健康に関係したブログから撤退することも視野にいれる必要があると思います。

 

つまり、辞めるということです。

そして、他のジャンルに移行することですね。

 

Googleのアップデートから5日経った状況では、病気に関係した記事はロングテールキーワードを含めて、順位を落としています。

 

病気といっても、ニキビや便秘も含まれているので、健康食品(サプリメント)は全て落とされています。

健康食品(青汁、酵素、DHA・EPA、葉酸、オルニチンなど)

 

また、ダイエットですが、成分などが、酵素や腸内環境が含まれているとすると、影響を受けるように思います。

今、順位の影響が無いとしても、今後、Googleの検知が入ることが考えられます。

 

そして、今のところ影響を受けていないのは、毛染め関係や脱毛ですが、これも、今後どのように変化するのか注意が必要です。

 

医師が監修しているサイトも飛んでいる!

医師監修ブログ

私が調べた結果ですが、医師と契約して医師監修しているサイトも飛ばされていますね。

 

これは、WELQ問題があってから、企業などがアフィリエイトを運営しているケースです。

Googleは権威を重要視するので、医者と契約して、顔写真やプロフィールをブログに表示させて運営しているサイトがありますね。

さらに、看護師や薬剤師、柔整師が書いているブログがありますが、これらも今のところ飛んでいますね。

 

今後順位は戻って来るかも知れませんが、Googleは、とにかく「やっつけ仕事」なので、今の状況を見て、すぐにサイト変更などはしない方が良さそうです。

なんせ、機械(ロボット)が判断していることなので・・・

 

今回のアップデートで感じたこと

Googleに飛ばされた女性

私が、今回のアップデートで感じたことは・・・

ある商標(商品名)キーワードで1ページに入っていたものが、2ページ目に降下したと言うことです。

 

では、1ページ目に入っているサイトは何?

ということですが、企業とamazonなどの通販ショップで埋め尽くされていますね。

 

それも、企業の個別サイトが1位〜3位を占めていて、楽天やamazonなどの販売ページが10位まで並んでいるスタイルです。

もちろん、ゆるいキーワードであれば、アフィリサイトは1ページの後半あたりに位置してしている場合もあります。

でも、多くのアフィリサイトは、2ページ目からの順位になっていますね。

 

商標キーワードで、このような順位になっていると言うことは、医療関連のキーワード・・

例えば、「肝臓」や「糖尿病」などを含ませたタイトルでは、2ページ目どころか、さらに順位を下げています。

 

また、このような、医療関連キーワードで順位を上げているサイトは、医者が書いたぺらページに近いサイトがありましたね。

 

そのサイトの記事を読んでも専門用語が多く、行のスペースも空けず、ぎっしり詰めて書いているので、読みづらく、理解出来ないデメリットページが目立ちます。

 

これって、ユーザーのためになる検索順位なのか?

あなたはどう思いますか?

 

WELQ問題が火付け役

WELQ非公開記事

「Googleもいいところにメスを入れてきたな」と思いますが、事の発端は、WELQ問題から始まったことからだと思います。

 

このWELQ問題は、ご存知だと思いますが、2015年ごろから、DeNAが運営するキュレーションサイトであるWELQやMERYなどです。

 

これらのサイトは、巧妙に他人の記事をリライトしたり、記事を購入して上位表示させ、稼いでいたことが発覚した事件です。

問題は、記事の中身ですね。

 

全くのデタラメ記事・・しかも、WELQは医療に関係していたことから、2016年11月ごろこれらのサイトは閉鎖になりました。

 

そして、2017年、2月3日にGoogleがWELQ問題を重視してアルゴリズムを変更したのです。

その時も医療関係のアフィリエーターは打撃を受けました。

あれから、10ヶ月で更に厳しくなったということです。

 

変化してゆくこと

変化からの運命を見抜く女性

今後、Googleはさらに進化してゆきますが、私たちはどのように対応すれば良いのか?

と言う事です。

 

まず、Googleに気にいられることよりも、Googleが言っている、ユーザーに評価される記事を書くことが重要だと思います。

 

つまり、Google対策はユーザー目線と言うことですね。

そして、時代に沿って変化はこれからずっと続いて行きます。

 

よって、それに対応することが今後の課題になります。

考えて見れば、1990年にごろ、携帯電話の普及が始まりましたが、その頃は、持ち運びの携帯電話を持てるなんて夢のようでした。

 

そして、今やスマホ時代になり簡単にネットショッピングができる時代になりました。

そのプロセスにしたがってGoogleは常に進化し続けていると言うことです。

 

つまり、環境が変化し続けているからこそ、私たちアフィリエーターも変化を受け止めてステップアップすることが重要な課題なのです。

 

医療関連ブロガーの方は、今、変化を受け止めてステップアップする時期です。

それは、今回のアップデート後の変化を正しく理解すること・・・そして、対応する突破口を見つける努力をしていただければと思います。

薬機法教材・アフィリーガルの詳細

この教材には独自特典をお付けします。
詳しくは下記バナーをクリックして下さい。 ↓

buku2の独自特典


buku2では、下記、無料レポートをDLすることが出来ます。

そのレポートの内容は、レアキーワードを見つける方法です。

詳しくは、下記バナーをクリックして、詳細をご覧いただき、宜しければ、DLをお願いします。

無料レポート詳細バナー

メルマガってどんな情報を配信してくれるの?は下記をクリック↓

メルマガリストページ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です