ブログ記事は素早くインデックスさせる!

Pocket

あなたのブログ記事の進み具合はいかがでしょう?

基本は、ブログの更新頻度が高ければ高いほど、googlebotも継続的に訪れてくれるのでインデックスは早くなります。

でも、作ったばかりのブログでは、最初はなかなかインデックスされません。

インデックスされないということは、 検索エンジの順位が決まらない・・・つまり、検索エンジンには載らないということです。

せっかく新しい記事が出来たのに、すぐに皆に読んでもらうことができないということって、とても、悲しいですね。

また、それだけではなく、インデックスが遅れると、危険を伴うことも考えられます。

よって今回は、「ブログ記事は素早くインデックスさせる!」というテーマで進めていきたいと思います。

 

インデックスが遅れると、スタートが遅くなる

スタートに遅れて悔やむ女性

インデックスが遅れると、スタートが遅くなるということですが、これは、当然なことですね。

先ほど述べたように、まずgoogleに認識させなければ、検索エンジン上に乗らないと言うことです。

また、順位が安定しないということもありますね。

検索順位はインデックスされた後、順位表示されますが、そこで落ち着かず常に変動します。

でも、時間が経つにつれて、ある程度の順位となって落ち着きます。

でも、インデックスが遅れると、スタート地点が遅くなるということなので、旬の記事を書いてる方にとって意味を成しません。

つまり、インデックスされる前に旬が過ぎてしまって、インデックスされた時点で、もう話題は過ぎ去ったということに、なりかねませんからね。

ということで、トレンドな話題記事を書いている人にとって素早いインデックスは最も重要です。

そして、インデックスされている記事数が多ければ、検索エンジンから評価されますが、これはブログサイトの質にも関係してきます。

たとえブログ記事全てインデックスされていてもGoogleは内容が伴わない記事ばかりだと判断すると、あまり評価されないようです。

何れにしても、まず、早くインデックスされることが先決ですね。

 

盗難被害 WordPressとSNSを即!連携させるな!

ワードプレスでブログを書かれてるアフィリエーターは多いと思いますが、wordpressのプラグイン(Jetpackなど)を使うと、facebookやtwitter、Google+に連動して自動投稿されますね。

これは、とっても便利なプラグインだと思いますが、実は危険なのです。

ではその危険だという理由はなぜ?

ということですが・・・

出来立ての記事をアップした時点では、まだ、googleはインデックスしていないですね。

まだ、google がインデックスしていない記事をfacebookやtwitterなど、多くの人に見せるということは、誰か悪事を働くものがいるのではないかと思います。

記事を盗まれた女性

その悪事とは、あなたの記事をコピーして、自分の記事だとなりすます人です。

その手口はまず・・

facebookやtwitterなどで、アップしたばかりの、新記事の情報を知る

Googleの検索窓口で新記事のURLをコピーして打ち込む・・・

すると、ヒットしないことを知る。

ヒットしないということは、インデックスされていないことが分かる・・・

そこで、「盗んじゃえ!」ということになるのです。

 

このようにして、あなたのオリジナル記事が盗難被害になる恐れがあると言うことです。

それは、いくらあなたが作ったブログ記事であっても、先にインデックスされた方がオリジナル記事だとgoogleは判断するからです。

なので、記事が完成したら、まず、インデックスさせることが重要です。

そこで、早くインデックスさせるのは、いろんな方法がありますが、私がおすすめする、Fetch as Googleが一番早いですね。

 

Fetch as Googleでインデックスさせる

Fetch as Googleのインプット画像

そこで、強制的にインデックスさせるツールが「Fetch as Google」です。

Fetch as Googleを使えば、簡単にインデックスさせることが出来て、素早く検索エンジンに表示されます。

もちろん、Fetch as Google以外でも、ping送信やPubSubHubbubというプラグインなど、いろいろありますが、Fetch as Googleが最強です。

これに勝るものはないと思います。

その理由は、Googleが提供しているツールだからです。

私の経験では、早くて30分ぐらいでインデックスされていたことがあります。

ただ、Fetch as Googleを使っても、インデックスが遅くなる場合もありますね。

これについての検証は行なっていませんが、おおよそ他の方法よりも、早くインデックスされます。

 

アフィリエーターは、SearchConsoleに登録しないのはなぜ?

ブラックアフィリエーターの意見

アフィリエーターの多くは、サーチコンソール(SearchConsole)には登録しないようです。

サーチコンソールとは、Googleが提供しているSearch(検索)をConsole(操作やコントロール)するツールということですが、自分のブログやサイトに訪れたユーザーの動きや、どのようなリンクを受けているのかなど、サイトのパフォーマンスを監視したり管理できるツールです。

そのサーチコンソールの中に、その他の機能として、Fetch as Googleが組み込まれています。

そして、Fetch as Google以外に、色んな機能があるので、とっても、便利で、しかも、無料で使えます。

でも、アフィリエーターはサーチコンソールには登録しない方が多いですね。

その登録しない理由は何だと思いますか?

ペナルティです。

ある日突然、 手動の対策によるウェブスパムだと判断され、順位を下げられる場合があります。

もちろん、サーチコンソールに登録していない場合でも、ペナを受ける時は受けます。

なので、違いはありませんが、サーチコンソールに登録していると、ペナを受けたことを、はっきりと知らせてくれるということです。

つまり、分かるか分からないかという違いですね。

ペナルティを受けた男性

そして、アフィリエーターが恐れているのは、もし、1つのサイトがペナルティを受けると、芋づる式にサーチコンソールに登録している別のサイトも連動してペナリティを受けるそうです。

確かに私もそう思っていますが、ペナルティを受けることをやらなければ大丈夫だと思うのです。

例えば、ブラックな手法である、自作自演のリンクを貼ることですね。

2次元リンクや3次元リンクを貼って、メインのサイトに大量の被リンクを送るやり方です。

これは、Googleから見ると、順位を操作させている行為だと見なされるので、ペナを受けることになります。

このようなサイトが1つあれば、他のサイトも同じことをしていると思われて、芋づる式にペナを受けるということです。

でも、これは都市伝説的なものなので確証は無いですね。

なので、私は分かりませんが、スパム行為をして順位を上げているブラックSEOを行なっているサイトはサーチコンソールには登録しない方が良いと思います。

では、次に、Fetch as Googleを使って早くインデックスさせるメリットとFetch as Googleの登録方法を紹介しますね。

Fetch as Googleでインデックスさせる方法

SearchConsole画面

Fetch as Googleでインデックスさせるには、先ほど述べたように、まず、サーチコンソール(Search Console)に登録する必要があります。

その登録は下記です。

https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url

 

SearchConsoleの登録画面

登録は、上記画面から入り、アナウンスに従って登録し、完了すると、下記(SearchConsole)のダッシュボードに入ることが出来ます。

 

クロールをクリック

 

まず、ログインして、左のサイドバーのメニューからクロールをクリックし、 Fetch as Googleをクリックします。

 

Fetch as Googleをクリック

Fetch as Googleの登録手順
すると、自分のURLが表示されているので、 取得をクリックするだけで完了です。

記事単位でインデックスする場合は、自分のURLの右枠に記入します。

これで、Googleに新記事が出来たので、インデックスしてくださいとリクエストをしたことで、すぐにGooglebotがやってきてサイト情報を持ち帰ってくれます。

そして、インデックスして、順位を決めてくれるのです。

この作業は、早ければ30分〜3時間後ぐらいで表示してくれますね。

それから、インデックスが完了していれば、フェイスブックやツイッターなど、連動しても危険性はありません。

 

インデックスの確認方法

Fetch as Googleを使用後、インデックスされているかの確認は、site:あなたのURLで確認出来ます。

サイト全体のインデックスの確認方法

サイトコロンでインデックスされているかうを確認する

ページ単位でインデックスを確認する

ページ単位でインデックス確認画面

また、ページ毎のインデックス確認は、先ほどの、Googleの検索窓に「site:」を外して直接URLを入れることで分かります。

でも、下図のように、作ったサイトタイトルが表示しない場合は、まだ、インデックスされていないと言うことです。

インデックスされていない時の表示

 

今回は、意外と知られていない、インデックスが最も重要だということを紹介しました。

そして、Fetch as Googleを使えば、確実に早くインデックスされます。

もちろん、他に、ping送信や、Google XML Sitemapsプラグインなども有効ですが、私は断然、Fetch as Googleがおすすめです。


buku2では、下記、無料レポートをDLすることが出来ます。

そのレポートの内容は、レアキーワードを見つける方法です。

詳しくは、下記バナーをクリックして、詳細をご覧いただき、宜しければ、DLをお願いします。

無料レポート詳細バナー

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

“ブログ記事は素早くインデックスさせる!” への4件のフィードバック

  1. pex より:

    はじめまして、
    ランキングから訪問させていただきました、
    最近アンリミを購入しまして、
    アフィリエイトを始めましたpexと申します。

    いろいろ投稿見させていただきましたが、
    イラストや、文章の構造、オリジナルバナーなど
    勉強させていただけるところが多く、
    大変ありがたいです。

    Fetch as Googleも早速試してみようと思います。
    メルマガも楽しみにしています。

    • buku2 より:

      pex 様
      コメントありがとうございます、buku2です。

      最近、アフィリエイトを始められたそうで・・

      そうですか、アフィリエイトは、やってみると、奥深く感じますが、いろんなノウハウを試して頂くことで、どうすれば報酬があがるのか?

      そして、売れそうな案件を見つける手立てが分かってくると思います。

      なので、最初は、焦らず、練習だと思って始めることで高収入を得ることが自然と出来ます。

      それまでは、継続するという気持ちで取り組んでいただければと思います。

      それではまた、質問があれば、お受けしますので宜しくです。

  2. Manohiro より:

    初めまして Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させていただきました。

    ブログ記事は素早くインデックスさせるのに、
    こんなスゴイ裏話があるとはしりませんでした。
    勉強させていただきました。

    • buku2 より:

      Manohiro 様

      ご訪問ありがとうございます、buku2です。
      早くインデックスさせることは、最も重要だと思います。

      検索順位を見ていると、たまに、URLの下に表示している説明文の前に、
      1時間前とか、4時間前と表示しているのを見かけることがあります。

      これは、インデックスされた記録日(時間)です。

      普通は、年月日や5日前などが表示されますが、1時間前というのは、
      早いインデックスですね。

      恐らく、Fetch as Googleでリクエストしていると思います。

      これらの情報が、Manohiro 様に気に入って頂いたのであれば、嬉しく思います。

      それでは、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です