COMPASS(コンパス)でライバルサイトを暴く!

稼いでいるアフィリエイターが必ずと言っていいほど、使っているのが、Compass(コンパス)ですね。

 

CompassはSEO分析をするツールです。

それで、どういったことが出来るの?

ということですが・・

 

  1. キーワード選定
  2. 順位チェック
  3. URL解析

 

この3つの機能をオールインワンに詰め込んだツールです。

 

売れる記事を書くには・・

キーワード選定をして

ライバルチェック、そして・・

記事を書く

書いた記事はどのように推移しているのか?

を確認する・・

順位チェック

 

をするということですね。

 

この最も重要な3つの解析が1つのツールで出来るのがコンパスです。

 

そこで、今回は、コンパスの3つの機能のうち、「URL解析」について、あなたにとっておきのノウハウを紹介したいと思います。

 

それで、なぜ、キーワード選定や順位チェックのノウハウではなく、URL解析なの?

と疑問を持たれる方がいらっしゃると思いますが・・・

 

検索で「Compass ツール」や「SEOコンパス」などを入れると、多くのブロガーがコンパスについての記事レビューされているので、私が同じことをやっても、意味が無いと思ったからです。

 

そして、コンパスを使って、URL解析をするという、深掘りした記事にたたどり着くことも出来ませんでした。

 

そこで、まず、ライバルチェック・・・・つまり、ライバルがどのようにして順位を上げているのかを調査するというURL解析について紹介したいと思います。

→ コンパスの詳細(公式サイト)はこちらです。←

この教材には独自特典をお付けします。

この記事で得られるものは?

1)コンパスのURL解析機能を使ってライバルチェックをします。

コンパスを起動してどのようにしてライバルチェックをするのかを図解で説明しています。

2)上位表示している美容サイトを例として分析します。

・いつ、どこでドメインを取得して、どこのサーバーを使っているのか?

・サイト運営歴、ページ数、記事はどこから取得しているのか?

・その記事は、いくらで購入しているのか?

・どのような、文面で記事募集しているのか?

など、ライバルサイトを骨抜きにしています。

このやり方を真似すれば、どうでしょう?

成果が期待出来るのでは?

つまり、同じやり方をすれば、収益を得ることが可能であるということです。

 

ライバルサイトのURL解析をする

Google検索をしている男性

先程、私はGoogle検索で、コンパスについてのブログやサイト記事を見てみると、「コンパスのライバルチェック機能は被リンクが表示されているだけ」・・・とか・・

「この被リンクを知っても、何の策をとることも出来ない」・・・つまり、あまり意味が無いと書かれているサイトが多いですね。

 

ライバルサイトの外部リンク数やページオーソリティーなど、数字が多ければ、それだけ被リンクを受けているので、価値のあるサイトだとGoogleは判断して上位表示してくれます。

 

ただ、それを眺めて済ませている人が、ほとんどだと思いますが、これって、宝の持ち腐れに近いように思います。

 

そこで、私が発見した上位サイトですが、丸裸にして見てみると有益な情報を知ることが出来ました。

それをあなたに紹介しますね。

 

では、まず、コンパスのことを知らない方がいらっしゃると思いますので、起動した画面から説明します。

 

コンパスを起動する

コンパスをインストールして、設定タブからMOZ設定を済ませたところから説明しますね。

つまり、通常、ツールが起動したところからです。

 

(コンパスのインストールの方法などは、購入すれば、図解入りのPDFが添付されているので、初心者でも簡単に出来ます。

また、質問メールも完璧なので、インストールに困ることはまず無いと思います。)

COMPASSの起動画面

 

起動すると、上記の「URL解析」タブを押します。

 

解析待ちリストに追加する操作

次に、① の枠内に調査したいURLを入れて、② 「解析待ちリストに追加」をクリックします。

今回は私が選んだ美容サイトのURLを実際に入れて説明します。

 

解析待ちとURL解析ボタン

すると、入力したURLは、① 解析待ちリストに移動します。

そして、②のURL解析ボタンを押します。

解析結果表示画面

 

上記のように、下枠にURL解析結果が表示されます。

 

URL解析画面の1〜4

 

解析結果は①〜④が表示されます。

④以降の項目については後で説明しますね。

 

URL解析結果の青い欄をそれぞれクリックすると、さらに詳細を見ることが出来ます。

 

① :URL項目の下をダブルクリックすると、実際のサイトへ飛びます。

URLの詳細画面

 

②のドメインをクリックすると、このURLの詳細が表示されます。

 

表示されたドメイン情報には下記の情報が記載されていました。

1) お名前.comで2015年3月に取得して、

2) Xサーバーで運営していることが分かります。

3) 2回目の更新は今年の2月にしています。

 

総被リンクで分かること

次は③の総被リンクをクリックします。

総被リンク検索画面

 

そうすると、Link(総被リンク)ページ取得という別枠が表示されるので、調べたいバックリンク取得設定にチェックを入れて、取得開始ボタンをクリックします。

 

被リンク解析結果画面

 

そうすると、「実被リンク/内部リンク」が表示されます。

まず、表の上の欄を見ると、1番目にヤフーカテゴリからリンクを頂いていることが分かります。

でも、ヤフーカテゴリは、2018年3月29日をもって、サービスが終了しています。

Yahooカテゴリ終了画面

つまり、今後ヤフカテの被リンク効果は期待出来なくなりましたね。

 

次に興味深い情報を見つけることが出来ました。

それは、このサイトが取引している、記事屋さんの情報です。

 

このサイト、ここから記事を買っているんだ!

実被リンクリストの2番目リスト

 

上記、実被リンクリストの2番目に表示されたのが、誰でも知っているクラウドソーシングの会社です。

早速、URLをクリックすると下記の内容を見ることが出来ました。

記事依頼詳細画面

その内容は・・

プロジェクト形式で・・

1)ジャンル:美容・健康

 

2)記事タイプ:口コミ・体験談

 

3)依頼詳細:当社が指定する商品を1ヶ月使用したレビュー記事をお願いします。

そして、その効果や変化についての画像を撮影して頂いて、2週間毎に1記事作成してください。

4)20〜30代女性で、実際、◯◯に悩んでいる方で1ヶ月間継続出来ることが条件です。

 

5)報酬は、1記事3000円で1500文字以上をお願いします。

 

6)商品は、アドレスをお教えしますので、そこから買ってください。

もちろん、商品代金はお返しします。

 

7)記事内容は、使用前の状態から◯◯の悩みに関しての記事と、その部位の写真を添付してください。

画像の量は、最低2画像お願いします。

2記事目は2週間後、そして、4週間後、それぞれ、2画像以上の添付でお願いします。

 

8)商品は定期購入になりますので、解約が必要な場合は連絡をしますので対応をお願いします。

 

9)1ヶ月のレビューの内容によって、その後、引き続いてお願いする場合があります。

 

(依頼文章は実際の文章ではなく改変しております。)

 

このような内容で記事依頼をして、レビュー記事を定期的に取得しているということです。

もちろん、この記事依頼は、アフィリエイターとしてオーソドックスなやり方ですが、このサイトのプロセスをじっくり調査することで、見えてくる・・・つまり、凄く勉強になるんですね。

 

調査したサイトをまとめると・・

1) お名前.comで2015年3月にドメイン取得

2) Xサーバーで運営、2回目の更新は今年の2月

3) 3年と4ヶ月で250記事更新なので、1ヶ月6記事〜7記事入れている。

4)レビューに使う商品は、自分のアフィリエイトリンクから購入するので、報酬として入ってくる。

 

まず、ざっとした調査では、上記のような方法で記事を定期的に更新しています。

さらに、レビュー意外の記事も購入されているように思います。

 

このようにして、ライバルサイトを調査することで気づきを得ることが出来ます。

アフィリエイトを始めたばかりだったら、まず、稼いでいるサイトをこのように、分析することで、何かのヒントを見つけ出すことから始めましょう。

 

つまり、何ごとにも、真似ることから入れば、思ったよりも早く稼ぐことが出来るということですね。

 

では、今回使用した、コンパスについての詳細をお知らせします。

コンパスの詳細

COMPASSのパッケージ

このように、コンパスのURL解析機能を使うと、さまざまなことが分かります。

もちろん、今回は1部の機能として、URL解析を紹介しましたが、もう少し詳しい情報をシェアしますね。

 

まず、コンパスというネーミングですが、海を航海する羅針盤という意味ですね。

売れるコンテンツを作るということは、ユーザーが求めている方向づけをしなければなりません。

 

その目標である、ユーザー目線と言う方向は、どの方角を目指すのか?

つまり、羅針盤を常に見ながら、自分が進んでいる位置を確かめて進まないと、とんでもない所へ行ってしまいます。

 

海を航海するという例えで言うと、北へ進まなきゃならないのに、南に進んでいては目的地へ着くことは出来ません。

そこで、船には必ず、羅針盤(コンパス)が備え付けられています。

 

それと同じように、売れるブログやサイトを作るには、最低限知っておかなければならない基本があります。

もちろん、我流でもやる気さえあれば、何とかなると思います。

 

でも、時間が多く掛かったり、途中でやる気を無くしたり・・

これでは、前に進むことができなくなります。

 

その結果、「もう辞めた」ということに・・・・

このようなことを防ぐ意味でも、ツールを活用するという方法を取り入れさえすれば、時短になり、スムーズに、先へ進むことが出来るのです。

 

例えば、リサーチするのに2時間掛かっていたのが、ほんの20分で出来たりします。

この違いはかなり大きいですね。

 

コンパスの価格

COMPASSの価格

 

では、コンパスはいくらなの?

ということですが・・・

コンパスの販売価格19,800円(税抜)ですが、今、キャンペーン中ということで、「7,980円で購入することが出来ます。

 

このチャンスの時に買っておいた方が良いと思いますよ。

このツールは買い切りなので、7980円(税抜)だけです。

もちろん、アップデートもお金は掛かりません。

 

もし、Compassを持っていないのであったら、下記、チェックしてくださいね。

 

Compassを持つと、根拠なく、キーワードを決めるなんて出来ないですよ。

それから、今回、Compassを私から買って頂いた方は、特典を用意しております。

 

特典の内容は、「サイトの載せ替え」方法です。

この、サイトの載せ替えのノウハウは、Googleから手動のペナルティを受けた場合、別のドメインへ記事を載せ替える方法ですが、ネットでは出せないノウハウなので、特典としてお渡しします。

 

もちろん、画像入で分かりやすく説明しているので、初心者でも理解出来る内容です。

また、ペナを受けていなくても、今後のことを考えて、持っていて損はしないノウハウです。

 

特典の受け取り方法は、Compassを購入されたら、Catch the Webからのメールが届きますので、そのまま、下記メルアドへ転送して頂ければ、あなたのメールアドレスへ特典メールをお知らせします。

mail@buku2-affiliate.com

では次に、 コンパスのURL解析での、その他機能について紹介します。

 

コンパスのURL解析・その他項目

URL解析のMOZRANK

 

最後になりますが、URL解析の実被リンクの右方向に・・

mozRank、page Authority、Domain Authority、Analyze Dateがあります。

これらのデータは、mozという会社が提供しているツールを使用しています。

 

mozは、2004年ごろ、アメリカのシアトルでSEOのコンサルティングサービスを行っている会社です。

つまり、サイトやSEOの分析を専門にしている会社なので、Googleとほぼ同じ分析結果を出しています。

よって、信頼されている企業ですね。

 

そのmozがSEOのツールを提供していることから、私達はGoogleの指針として、mozのツールを使用しているということです。

 

mozRank

リンクによってページに受ける品質です。

つまり、Googleのページランクと同じようなもので、サイトの品質を数値で評価しています。

0~10で示されますが、数値が高いほど高い品質(質の高いリンクを受けている)だと判断されています。

 

page Authority

リンクの数やmozRankなど、総合的にmozが判断した単体ページの評価値です。

0〜100の数値で判断されています。

 

Domain Authority

mozRankやその他の評価基準によって、ドメイン全体の評価値を表しています。

これも、0〜100の数値で判断されています。

 

Analyze Date

これは、アナライズした日付です。

 

以上がコンパスのURL解析の全機能の紹介になります。

よって、ライバルサイトを調査する基本は、実被リンクの内容です。

 

もちろん、実際にサイトの流れや、デザイン、記事などを綿密に分析することで、さらに何らかの気づきを得ることが出来ます。

頑張って下さいね。

今日はここまでです。


今回の記事内容をご覧頂いて、まあ、退屈な記事では無いと思われたら、下記ブログランキングの応援クリックをお願いします。